今時のペット用品の事情


ペット用品とはどんなものがあるのでしょう

コメントは受け付けていません。 コメントはまだありません»
5月 26, 2015 at 3:27 PM

ペットを飼ったことがありますか。

ペットを飼うにはペット用品が欠かせません。

犬であればエサ、首輪、リード、遊び道具などでしょうか。

小さい時はドライフードをふやかして食べさせたり缶詰でもいいと思います。

ドライフードのメリットはお手頃価格、油分が多い、歯石ができにくい、保存に便利、かむ力が鍛えられるなどです。

逆に缶詰のメリットは1食分ずつ包装されているので安全に食べさせやすい、やわらかいので老犬や幼犬でもかみやすく食べやすいなどがあげられます。

スーパーやホームセンターなどには数多くのペット用品が売られています。

遊び道具のボールなども売られていて、散歩に行ったときそのボールを投げると追いかけてって、ボールをくわえてきてまた投げてくれと催促します。

猫用はキャットタワーなど高いところが好きな猫にとってはとてもいい遊び道具があります。

また、またたびは猫によって違いますが、ひどい猫はまたたびに酔ってフラフラになる猫もいます。

見ているととても楽しいです。

犬用のペット用品は犬の大きさによって分類されていることが多いです。

また、ブラシやくしなどのお手入れ品は犬の毛質によって大きく違ってきますので、分からなければペットショップの店員さんに聞いてみましょう。

たくさんあるペット用品の中から合ったものを探してくれます。

ネコの餌の場合は年齢で分けられています。

幼猫・成猫・老猫・室内用毛玉ケアなどです。

飼っているネコの年齢に合わせた餌を選んであげましょう。

観賞魚の場合は水槽・ろ過器・砂・エサ・水温調整器などセットで買い揃えないといけないものがたくさんあります。

何匹飼うかによって水槽の大きさも変わってくるのでよく考えて購入しましょう。

詳しくはこちらを参照してください。

便利なペット用品ランキングを見る

世話やメンテナンスは大変な鑑賞魚ですが、部屋に水槽があるのはインテリアにもなるし優雅に泳ぐ魚を見ていると落ち着きますね。

鳥の場合はゲージ・エサ止まり木・巣箱が標準装備と言えるでしょう。

鳥の大きさによってゲージや巣箱を選択し、エサは種類ごとに販売しています。